【1ヶ月間無料体験レッスン実施中】スマホ1台あれば、自宅で有名講師とマンツーマンレッスン!

【ダイアゴナル】【バランスと筋トレの融合】効率的に鍛えられる超オススメトレーニング

ダイアゴナルとは?

今回はダンサー向けトレーニングの1つ、ダイアゴナルについてお伝えします。
ダイアゴナルとは、四つ這いの状態から片側の腕と反対側の脚を上げ、腕と脚が伸びた状態をキープするトレーニングです。その結果、筋力とバランス両方が鍛えられます。ダイアゴナルは少し難しい動きとなる為、簡単な動きからお伝えしていきたいと思います。

今回お伝えするダイアゴナルは、別名ジッパーとも呼ばれ、基本姿勢の状態から肘と膝をゆっくりくっつける動作をします。手と足を同時に動かすため、同じ姿勢をキープするよりもさらに不安定さが増し、姿勢を保つだけでも多くの負荷がかけられます。ダイアゴナルを行う際は、ゆっくりと丁寧に、正しい姿勢をキープすることを心がけてください。
ダイアゴナルのトレーニングには器具や広いスペースは必要なく、動作も簡単なのでぜひ挑戦してみてください。

※動画を参考にトレーニングをしてください

ダイアゴナルの基本姿勢

ダイアゴナルの基本姿勢からお伝えします。
まずは、四つ這いになります。その際、手が前に出すぎたり内側に入らないよう肩の真下に置いてください。また、脚も前に曲げすぎたり体から離れた位置に置くのではなく、膝が90度に曲がっていることを確認してください。その際に顔は、下へ向けておきましょう。現在両手、両膝、両つま先の6つの支点で体を支えていますが、支点を3つに減らしていきます。
片方の腕と反対側の脚をあげてください。手、肩、腰、足が一直線になるようまっすぐ伸ばします。この状態がダイアゴナルの基本姿勢となります。

・手は肩の真下に置く
・膝は90度に曲げる
・手、肩、腰、足が一直線になるようまっすぐ伸ばす

肘と膝をくっつける

ダイアゴナルの動作として、伸ばした肘と膝をくっつけ、元の位置へ戻します。戻す際、腕と脚がまっすぐと伸ばされていることを確認しましょう。こちらの動作は必ずゆっくりと丁寧に、基本姿勢のキープを心がけて行ってください。
ダイアゴナルでは、まずは左右それぞれ20回ずつを目標にトレーニングを続けましょう。

まとめ

今回は、ダンサー向けトレーニングの1つ、ダイアゴナルをご紹介しました。
ダイアゴナルで気を付けるポイントは2つ。

  • 基本姿勢をキープする
  • 早さよりも丁寧さを心掛ける

これらに気をつけて、まずは1ヵ月頑張ってダイアゴナルを継続していきましょう。
また、ダイアゴナルように体の軸が重要となるトレーニングを行う際は、しっかりと深く呼吸することを意識しましょう。呼吸を止めてしまうと体が酸素不足になり、バランスを崩しやすくなります。
ダイアゴナルのトレーニングには器具や広いスペースは必要なく、動作も簡単なのでぜひ挑戦してみてください。

ABOUT ME
2-YAN
2-YAN
現役時などの怪我を、適切なトレーニングよって克服した経験あり。 プロダンサーの目線によるステージコアトレーナー。