【無料体験レッスン実施中】あの曲を3ヶ月で完コピ!ダンスのマンツーマンレッスン

KPOPダンスは独学でも上手くなれる?ダンス指導者が手順を解説

ダンスの練習をする女性

「KPOPアイドルのように踊ってみたい」

近頃は特に、そう思ってダンスを始める方は多くなっていると思います。

指導者である筆者も、BTSを初めとしたKPOPダンスを指導する機会が最近増えています。

Youtubeなどの動画を参考に自主練習されている方も多く、

独学ならではの次のような悩みを抱える人も多いのでは無いのでしょうか?

「経験者のダンスと私のダンスは全然違うけど、原因がわからない」

脚の動きがぎこちなく見えてしまいます…

「独学より習いに行った方が良いのでしょうか?」

そこで今回はKPOPダンスを指導する筆者が、

KPOPダンスを独学で習得する方法を、お伝えして行こうと思います。

KPOPダンスは独学可能?

結論から言うと、可能だと思います。

特にKPOPダンスはアーティストの公式動画として、

ダンスの練習動画がyoutubeにアップロードされており、

それをさらに解説する動画や、もっと基礎的なステップ等を、

レクチャーしている動画なんかも複数あります。

tiktokでもダンス関係の解説動画は沢山あり、今ではSNS全般を通じて様々なダンスの情報を、沢山得る事ができます。

しかし、上達するスピードはレッスンに通った方早くなると思います。

振り付けを1から覚えて行くのはかなり時間がかかりますし、情報がありすぎて何から練習したらいいかわからない。

その点、アドバイスをくれるインストラクターの存在は独学とは大きく違う点だと思います。

KPOPダンス独学に必要な基礎

KPOPダンスに必要な基礎は次のようになっています。

次のような基礎をしっかり練習することで『経験者の動きとなんか違うなぁ』といったことを減らすことができます。

  • 体力をつける
  • アイソレーション(体のコントロール)
  • リズムトレーニング(カウントやタイミングも含む)
  • ポージング(体の角度や手の使い方などの観察力を養う)
  • 筋力トレーニング、体幹トレーニング(余裕があれば)
  • フォーメーション(複数人で踊る、もしくは完コピの場合)

これらの基礎を習得していくことでKPOPに必要な基礎を固めることができます。

KPOPダンスの独学のステップ

【ステップ1】道具を揃える

KPOPダンスの独学を始めるにあたって、必ず用意する必要なものはありませんが、あった方がいいと思われる物をいくつか紹介します。

必要だと思うものを購入してダンスを始めてみましょう!

三脚

自分を撮影する時に使用します。

スピーカー

音源を流す時に使用します。

シューズ

裸足だと怪我をする恐れがある為あった方が良いでしょう。

大きめの鏡

あると自分の動きを確認する事が出来ます。

マット

足音を軽減する、ショックを和らげる事が出来ます。

【ステップ2】基礎トレーニングをする

『よし、道具も揃ったし大好きなアイドルのコピーダンスを踊りたい!』

そう思うかもしれませんが、まずは基礎から鍛えることがおすすめです。

ダンスの基礎力があるのと無いのとでは見え方に大きな差が開いてしまうからです。

「私は趣味でやるだけだから、見え方は気にしない!すぐに踊りたい!」という方は、

【ステップ3】へ進みましょう。

ここで紹介する基礎には次のような練習があります。

アイソレーション

アイソレーションとは「分離」や「独立」などの意味を持ち、体の各部分を独立させて別々に動かすトレーニングのことです。

アイソレーションの練習は、体の動かし方を理解することに役立ちます。

体の動かし方を知っていると、コピーした時に再現性が高くなるのです。

リズムトレーニング

「どの音楽を意識して踊っているのか」や歌詞のタイミング、音源の強調される部分など「何を意識して踊るか」でダンスのクオリティに差が出てきます。

このような練習がリズムトレーニングになります。

どの音楽をどの振り付けがどのタイミングで表現しているのかという事を理解して踊ることで、コピーダンスの再現性が高くなるでしょう。

ダンスに慣れる

当然ダンスに慣れる事、音楽を聴いて体を動かす事に慣れる事は重要です。

練習を繰り返して行くうちに、基礎体力を上げることができます。

ダンスを無理なく自分の生活の中に取り込んで、ダンスを踊る時間や練習する時間を増やしていくと良いでしょう。

ポージング

ポージングはみていると簡単そうに見えますが、

慣れるまでに時間がかかる項目の一つです。

角度や手の使い方、目線や軸など気をつける事は沢山ありますが

ポーズの例の紹介や細かいコツなどを紹介している記事もあります。

かわいいポーズまとめ!アイドル指導経験ダンサーがコツを解説!

筋力、体幹トレーニング

こちらに関しては、必須ではないと筆者は考えます。

ただ、筋肉があるに越した事はありません。

場面に応じて基礎的な能力を向上させる為に、スクワットなどで下半身を強化したりする場合はあると思います。

フォーメーション

最初は必要無いと思いますが、複数人で踊ったり、本家を意識した場合こちらの練習が必要になるでしょう。

多くのKPOPアイドルはメンバーの数が多く、踊りながら移動をしたり、立ち位置によって振り付けのタイミングを変えたりする必要があるからです。

なお、ここで紹介した『KPOPダンス基礎』の練習のポイントは、

こちらの記事で詳しく紹介していますので挑戦してみてください!

KPOPダンスには【基礎力】が重要。ダンス指導者の練習方法を紹介

【ステップ3】コピーダンスを始める

ここからいよいよ、自分が踊りたい曲の動画を用意してコピーダンスを始めます。

しかし、初心者の人が踊り出すときによく次のような悩みにぶつかることがあります。

  • グループの人数が多いから誰の真似をしたら良いのかわからない!
  • なかなか振り付けが覚えられない。。
  • 上手な人はどうやって覚えているの??

こういった悩みに対して『KPOPダンスを覚える方法』の記事が参考になりますのでぜひご覧ください!

【KPOPダンスが覚えられない人必見】指導者が教える覚えるコツ5選

また、初めて踊る場合には簡単な曲から始めるのが良いでしょう。

振り付けには難易度があり、

比較的真似しやすいものや難易度が高いもの存在が存在します。

簡単に踊れる曲に関しては、こちらで紹介しています。

【簡単に踊れるkpop曲まとめ】踊りやすい曲と注意点、コツを紹介

よくある悩み

ここで初心者が陥りがちな悩みとその対処方法を紹介します。

筆者の主観を含んだアドバイスですので、参考程度に見て下さいね。

経験者のダンスと全然違う

様々な原因は考えられますが、タイミングがズレていたり、軸がブレて体がフラついたり、

根本的に手の使い方が違っているなどの可能性が高いと思います。

脚の動きがぎこちない…

足の動きがぎこちない時、特にステップを例に取った場合は、基礎になるステップの反復練習が効果的です。

習いに行った方が良い?

最近の場合は特に新型コロナウイルスの影響もありますし、無理に習う必要は無いかと思いますが、

習った方がダンスの精度や習得の速さは高めることができると思います。

KPOPダンスに筋トレは必要?

トレーニングは余裕があればやった方が良いと思いますが、

まずはダンスの練習を優先させて、踊る事に慣れた方が良いと思います。

KPOPダンスが覚えられない

まずは少しでも出来るところから真似てみるのが良いでしょう。

見るだけでなく、実際に動いてみる事が大切です。

区切って覚える事も有効だと思います。

覚え方についてはこちらで詳しく解説してますので、こちらを参考にしてください。

【KPOPダンスが覚えられない人必見】指導者が教える覚えるコツ5選

部屋でダンスの練習をする女性

このように、

KPOPダンスを独学で練習する場合は疑問が出て来たり、悩みが出て来た時は相談する相手がいない為に、

どうしたら良いかわからなくなってしまう事が多いと思います。

こんな時に先生に相談できる環境があるという事は、大きなアドバンテージと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

KPOPダンスを独学で覚える方法について、ダンス指導者である筆者が解説して来ました。

少しは役に立てれば幸いです。

『KPOPダンスを踊ってみたいけど、何から始めたらいいかわからない』

そんな方々の参考になれば嬉しく思います。

KPOPダンスは、独学でも始める事は出来ますが、やはり筆者はレッスンに通う事をオススメします。

コロナも気になるので、外出は避けたい。

グループレッスンもついていけるか不安。

こういった方向けにマンツーマンでプロがダンスを教えてくれるプライベートレッスンや、パーソナルレッスンもありますが、

料金が割高になり、スタジオ代なども別途かかる場合もあります。

そこで次に紹介する「スポともダンス」アプリを使用すれば、

生徒に合わせたマンツーマンレッスンの提供。

オンラインレッスンなら家でレッスンが受講出来る為に移動の手間も無し。

まずは無料体験レッスンを利用して、

ダンスを始めるきっかけにしてはいかがでしょうか?

 

ダンスがもっと上手くなりたい人へ!

「ダンスを習っているが、個別指導でもっと上手くなりたい。」「無料動画でダンスをやっているが、プロの指導を手軽に受けてみたい」

そんな方におすすめなのは『オンラインダンスアプリ』のスポともダンスです!

現役ダンサーにオンラインで手軽に質問できて、動画添削が受けられます!さらに、現在2週間無料で始められるので、ダンスの悩みを相談してみては??

受講できるジャンルは20種類以上あり、講師は200名以上在籍。Dリーグで活躍しているReiNa先生ダンスオンラインレッスン講師として参加。

スポともダンスアプリ無料体験はこちらから。

スポともダンスの紹介ページ | 2週間の無料体験レッスン実施中!