【1ヶ月間無料体験レッスン実施中】スマホ1台あれば、自宅で有名講師とマンツーマンレッスン!

【ダンスの早どり】【avex講師が教える】原因と直す方法とは?

早どりとは?

「早どりになってるよ!」そう指摘されたことはありませんか?
早どりとは音楽よりも先に踊ってしまう、音楽のビートやリズムより、先に音を取ってしまう状態のことです。ヒップホップで大切な『音楽に乗る』『全身で音楽を表現する』ことが、早どりをすることによって、伝わりにくくなります。
ほとんどの方がダンスを始めたばかりのころに、経験したのではないかと思います。はじめての大きなステージに立ったときや、知り合いのいないステージに立ったときなどにも。今回はそんな早どりの原因、そして解消法をお伝えしていきます。

※文章では伝わりにくい部分もあります。動画を見て理解を深めましょう。

【POINT1】場数をこなそう

早どりをしてしまう原因の1つは精神的な部分に関わりがあります。はじめてのステージに立つ、大きなステージに立つなど、緊張する場面に慣れていないため早どりをしてしまいます。場数を踏み、場慣れをしてリラックスして踊れる空間を作っていきましょう。

【POINT2】不安要素をなくそう

動きに余裕が持てない、振り付けに自信がない、不安要素があるなどの状態も早どりの原因となります。振り付けの中で成功率が低い、不安要素の部分をなくすために、本番前にしっかりとした練習を重ねましょう
衣装も、帽子や靴ひも、アクセサリーなど取れてしまう心配がないものを心がけ、本番にのぞみましょう。

【POINT3】振り付けは体になじむまで練習

『動きに精いっぱいになりすぎて音が聞けない』
こちらがよくある早どりの原因の1つです。踊りに集中することも大切ですが、音楽に合わせて踊ることがダンスのだいごみでもあり、基本です。まずはステップ1つひとつの動きを反復して練習し、意識しなくても踊れるところまで練習をしましょう。その場でもらった振り付けなども、くり返し踊りこみをし、振り付けを完璧に体になじませてから音楽と合わせることで、早どりを解消できます。

まとめ

早取りをしている人は自覚がない人が多いです。まずは自分がリズムを取れているのか確認してみましょう!音楽に合わせた手拍子、足踏み、ダンスをお手持ちのスマートフォンなどで撮影し、リズムがとれているか客観的にチェックしてみてください。

手拍子でリズムをとってみよう

まずは日常的な動きでリズムがとれるかどうかを確認しましょう。ダンスは日常的な動きとかけ離れていて、動きに集中しがちになります。ですので手拍子や足踏みなど、日常の動きに近いものでリズムがとれるかどうか、自分の好きな音楽などでリズムをとってみてください。

ABOUT ME
KO-HEI
KO-HEI
数々のコンテストにて優勝、入賞の実績を持つ。 専門学校リーダー講師、キッズダンスチームの育成にも尽力。
プライベートレッスンアプリがスタート

【無料体験レッスンスタート!】10名様限定で、1ヶ月間マンツーマンレッスンが無料で受講できます!
スマホ1台あれば誰でも自宅できますので、下記のボタンより詳細を御覧ください。

詳細はこちらから