【1ヶ月間無料体験レッスン実施中】スマホ1台あれば、自宅で有名講師とマンツーマンレッスン!

【パドブレ】【HIPHOPステップ】リズムや足の使い方をわかりやすくご紹介

パドブレとは?

パドブレとは足をクロスさせながらリズムを取るステップ。ヒップホップだけでなく、ハウスダンス、ジャズ・ダンス、バレエなど全てのダンスに共通して行われる、ダンスの基礎ステップとなります。動きは各ジャンル共通ですが、踊り方やステップの踏み方には若干違いがあります。
ヒップホップの上達には欠かせないステップとなっていますので、ぜひマスターして下さい。

練習を行う際、これら3点に気を付けて練習を進めましょう。

・つま先とかかとの動きを意識する
・体重は両足の真ん中に乗せる
・数字のオンカウントをとるタイミングでリズムをとる

※鏡で自分の動きをチェックし、動画を順番に確認しながら練習をしてください

ダウンのリズムをとろう

パドブレはダウンのリズムをとるステップです。まずはリズムの取り方から練習しましょう。足を肩幅より少し広く開き、リラックスした状態から始めてください。

上半身はみぞおちとおへその距離を縮め、胸を内側に入れるように背中を丸めます。
下半身は膝を曲げ腰をおとします。膝は送りだすように使いましょう。

パドブレの足の使い方を練習しよう

次に足の動きをお伝えします。
1~6の動きを繰り返し練習し、パドブレの基本の動きをマスターしていきましょう。

  1. 右足を斜め右前へ出す
    (膝・つま先・おへそも斜め右方向へ向ける)
  2. 左足をクロスするように後ろに持って行く
    (膝・つま先・おへそは左斜め方向へ向ける)
  3. 右脚を前に出す
    (つま先は斜め左方向へ向ける)
  4. 左脚を2の時点から左へ動かす
    (つま先・膝は左へ向ける)
  5. 右足をクロスするように後ろに持って行く
    (膝・つま先・おへそは右斜め方向へ向ける)
  6. 左脚を前に出す
    (つま先は斜め右方向へ向ける)

1~6の動きに慣れてきたら、オンカウントのタイミングでダウンのリズムを取り入れます。2と3、5と6は2つで1カウントとして数えてください。

※カウントをとる際は動画を見て練習しましょう。

まとめ

パドブレはステップ数が多く細かいので、ゆっくりじっくり練習することが上達のコツになります。また、ヒップホップといえばリズムのあるダンスです。体の動きがないと、ヒップホップらしさのない、味気ないダンスになってしまうので、ダウンのリズムも大切に練習しましょう。

・体の切替し(おへその向き)、足の運び方を意識しよう
・数字のオンカウントをとるタイミングでリズムをとろう

ABOUT ME
KAEDE
KAEDE
幼少期からダンスを始め、イベントやダンスコンテストなどを経験。 現在もアーティストバックダンサーや様々なステージに出演し、JSDA公認インストラクターとしても活動中。
プライベートレッスンアプリがスタート

【無料体験レッスンスタート!】10名様限定で、1ヶ月間マンツーマンレッスンが無料で受講できます!
スマホ1台あれば誰でも自宅できますので、下記のボタンより詳細を御覧ください。

詳細はこちらから