【1ヶ月間無料体験レッスン実施中】スマホ1台あれば、自宅で有名講師とマンツーマンレッスン!

【体幹強化!プランク】【ダンサー必須】踊ってもぶれない体つくり!

プランクとは?

今回は、プランクをご紹介します。ダンサー向けトレーニングの1つとなります。プランクとは、両肘とつま先の4点で体と床を平行にし、その姿勢をキープするトレーニングです。プランクはスペースも必要なく、体幹が鍛えられる手頃なトレーニングとして知られています。腹筋と背筋がバランスよく鍛えられるので、バランス感覚が磨かれ、ダンスのパフォーマンスも向上します。

※動画を参考にトレーニングをしてください

プランクの基本姿勢

まずは、プランクの基本姿勢からお伝えします。
背筋を伸ばしまっすぐ立ちましょう。鏡を見ながら、自分の姿勢が下記のようになっていないか確認してください。

  • 背中が丸まったり、沿ったりしている
  • 頭が下、もしくは上を見ている

まっすぐに立った状態で、両腕を肩の位置まで上げ、肘を90度に曲げます。この形がプランクの基本姿勢になります。

トレーニングの姿勢

それでは、実際にプランクをやってみましょう。
肘で上半身を支えるように、うつ伏せに寝転んでください。その時の手の形は、グーでもパーでも大丈夫です。
次に、つま先をしっかりと立て、床についているお腹部分を浮かせましょう。

体重が前へ移動している

顔が床ではなく正面を向いている

お尻が上がっている

プランクはこれらの状態にならないよう、姿勢をまっすぐにキープしてください。
最後に、かかとを後ろに引っ張ります。そうすることで、ふくらはぎや太ももの前部分が鍛えられます。お尻はぎゅっと固く締め、まっすぐな姿勢を保ちましょう。これが、全身に力が入った状態がプランクとなります。

30秒キープしよう

先程お伝えしたプランクの姿勢を、まずは30秒キープしましょう。慣れてきたら45秒、1分とキープする時間を徐々に長くしていきましょう。プランクは正しい姿勢で取り組むとかなりしんどいです!無理せず徐々に負荷をかけていきましょう。

まとめ

今回は、ダンサー向けトレーニングの1つ、プランクをご紹介しました。プランクはスペースのいらないトレーニングなので、お手軽に始めていただけるのではないかなと思います。
ただし、筋肉の成長には時間がかかり、ある程度の期間、トレーニングを継続する必要があります。まずは1ヵ月、頑張ってプランクを継続していきましょう。

ABOUT ME
2-YAN
2-YAN
現役時などの怪我を、適切なトレーニングよって克服した経験あり。 プロダンサーの目線によるステージコアトレーナー。