【1ヶ月間無料体験レッスン実施中】スマホ1台あれば、自宅で有名講師とマンツーマンレッスン!

【肩のアイソレーション】【avex講師】ダンスが劇的に変わる!?かっこよく見せるコツ

アイソレーションとは?

首のアイソレーションをご紹介する際にもご説明しました、アイソレーション。体の一部を独立させて動かすことを言います。
首、肩、胸、腰の4つに分類され、ダンス全般で必要不可欠な動きです。基礎に分類されますが、初心者には最初にぶつかる壁となります。

今回はそんなアイソレーションシリーズ第4弾!肩のアイソレーションをご紹介します。他の3つ(首、胸、腰)のアイソレーションに比べ、肩のアイソレーションだけだと少し地味な動きになります。ですが、動きに取り入れるだけでダンスの雰囲気が変わってくるので、習得しておいて損はありません!力まずリラックスして練習しましょう!

※鏡で自分の動きをチェックし、動画を順番に確認しながら練習をしてください

肩のアイソレーションの注意点

肩のアイソレーションをする際、注意する点が2つあります。要点を押さえ、鏡を見ながらくり返し練習をしていきましょう。練習は、足は肩幅より少し広めに開き、軽く膝を緩めて立った状態で行ってください。

・頭や胸が前後に出ない(上半身をあまり動かさない)
・肩先ではなく、肩甲骨を意識する

肩を上下に動かしてみよう

肩のアイソレーションで動かす方向は上下と前後の2方向です。
まずは肩を上下に動かす練習から始めましょう。
両肩を上→下、上→下の順に動かします。肩の先ではなく、肩甲骨を意識しながら動かしてください。肩を上げる際、肩の内側に力が入りやすくなるため注意しましょう。

両肩の動きに慣れてきたら、肩を斜めに上げる練習をします。
右肩→左肩、右肩→左肩の順に片方ずつ肩を上げます。ここでの注意点は1つ。肩を上げる際、反対側の肩は下げること。肩のアイソレーションの動きがより大きく見えます。

肩を前後に動かしてみよう

上下の動きに慣れたら、次は前後に動かす練習です。
こちらの練習は、鏡を見て行うことをお勧めします。正面から見て横向きに立ちましょう。両肩を、前→後ろ、前→後ろと動かします。
肩より先の、肘で動いてしまわないように注意しながら、動かしてください。また、肩を後ろに引く際は肩甲骨をくっつけるイメージで、前へ出す際は胸を後ろに下げるイメージで動かすといいかもしれません。ただし肩のアイソレーションは、体の一部分を独立させて動かすものです。やり過ぎるとどこを動かしているのか分からなくなるので注意してください。

上下と前後の動きを組み合わせる

肩のアイソレーションで上下と前後の動きに慣れたら、それぞれの動きを合わせて、肩を回します。肩の先ではなく、肩甲骨を意識して動かしてください。
両肩を後ろ→上→前→下、の順で繰り返し動かします。肩のアイソレーションで最初は、丁寧さを優先させて、四角形を描くように回しましょう。慣れてきたら円を描くように、滑らかに回す練習をしてください。
前へ回す動きに慣れたら、反対方向へ回す動きにも挑戦してみましょう。

まとめ

今回は、アイソレーション第4弾ということで、肩のアイソレーションの練習方法をご紹介しました。単体だと少し地味な動きになりますが、取り入れるだけでダンスの雰囲気が変わります。是非習得してあなたのダンスをレベルアップさせましょう!
肩のアイソレーションはスペースを取らずに練習ができるので、すきま時間を見つけたら反復して練習してください。

・肩甲骨を意識し、肩先や肘で回さない
・上半身は動かさない

ABOUT ME
MITSUSHI
MITSUSHI
レッスンは、「ダンスを楽しむこと」を一番に考えたレッスンスタイル。 過去に平井大、関ジャニなどのMV、バックダンサーの経験あり。
プライベートレッスンアプリがスタート

【無料体験レッスンスタート!】10名様限定で、1ヶ月間マンツーマンレッスンが無料で受講できます!
スマホ1台あれば誰でも自宅できますので、下記のボタンより詳細を御覧ください。

詳細はこちらから