【1ヶ月間無料体験レッスン実施中】スマホ1台あれば、自宅で有名講師とマンツーマンレッスン!

【トゥループ】【HIPHOP基本ステップ】マスターするには?動きを分解してみました!

トゥループとは

トゥループは、アップダウンの応用といった感じの動きをする、ヒップホップの基本ステップ
初心者でもできる簡単なステップなので、ぜひトゥループを練習してみましょう。
今回お伝えする振り以外にも、様々なバリエーションがあり、習得すれば躍動感のあるかっこいい動きでトゥループを踊れるようになります。

※鏡で自分の動きをチェックし、動画を順番に確認しながら練習をしてください

トゥループは太鼓をたたくように

トゥループのPOINT1として、まずは腕の流れから覚えていきましょう。
下に伸ばした状態から1回目は胸のあたりまで、2回目は頭の上までの計2回、腕を上に振り上げます。
次に、前と横にある太鼓を叩くようなイメージで、頭上に振り上げた腕を、斜め下まで振り下ろします。もう1度腕を振り上げ、今度は反対側に。
1回目が右腕を右へ、左腕を前に振り下ろしたなら、2回目は右腕を前へ、左腕を左へ、ですね!

トゥループの動き・ステップ

トゥループはダウンのリズムをとるようなイメージで、その場で2回ジャンプをしましょう。
ジャンプと同時に胸へ、頭上へ腕を振り上げます。次に、右側と前方へ腕を振り下ろしますよね。膝も同じく右側へ曲げちゃいます。膝の曲がっている方向に、腰の出っ張った部分を押し出しましょう。ここでトゥループの動きの注意点は2つ

・上半身は少しもたれるように倒す

・頭は倒さない

まとめ

トゥループはダイナミックな動きをするステップなので、手足の動きに集中してしまうかもしれません。ですが、ヒップホップといえばリズムのあるダンス。体の動きがないと、ヒップホップらしさのない、味気ないダンスになってしまいます。もちろんトゥループも同様です!

  • 腰を押し出す位置
  • 上半身を倒す位置
  • 腕を振り下ろす位置

これら3つの位置に気を付けて、トゥループの基本をしっかりと練習していきましょう。
また、今回お伝えした動き以外にもトゥループには、腕を斜め上に突き上げたり、上半身を前かがみに倒したり、様々なバリエーションがあります。ぜひ習得して、自分のダンスに取り入れていきましょう!

ABOUT ME
KO-HEI
KO-HEI
数々のコンテストにて優勝、入賞の実績を持つ。 専門学校リーダー講師、キッズダンスチームの育成にも尽力。