【1ヶ月間無料体験レッスン実施中】スマホ1台あれば、自宅で有名講師とマンツーマンレッスン!

【ターン ダンス】【avex講師が教える】ターンのコツはあごと足が重要!

クロスターンとは?

クロスターンとは両足をクロスさせ、つま先とかかとを軸にして回るターンのことです。ダンスの中でターンは必要不可欠。バランスを崩して転んでしまったり、ターンが苦手だと感じている方もこれを機に得意分野にしましょう!

ターンは大きく分けて、片足ターンと両足ターンの2つに分けられます。今回お伝えするクロス(両足)ターンは転倒の心配がなく、自宅での練習も可能です。たくさん練習してぜひ習得してください。
ターンは力みすぎるとバランスを崩しやすくなります。力まずリラックスした状態を意識してください。

※鏡で自分の動きをチェックし、動画を順番に確認しながら練習をしてください

足の軸を意識して回ろう

まずは足の軸を意識してターンする練習から始めます。
両足をクロスさせてください。太ももはくっつけた状態で、腰は正面に向けます。ターンをする際、腕をつけるとバランスがとりやすくなるので、回転する方向と逆の方向にひねりましょう。この状態からターンを始めます。後ろ足はつま先で前足はかかとを軸にし、内ももをしめたまま、真後ろを向くまでターンします。真後ろを向いたら、かかととつま先の軸を入れ替えて、正面を向くまでターンしてください。

まずは軸を意識した動きに慣れるまで練習をしてください。

回る時は肩とあごに気をつける

ターンをするとき、肩があごに近づいたタイミングで、顔をきりましょう。
顔をきるとは、体を回転させながらぎりぎりまで一点を見続け、一気に頭を回転させ、さきほどの一点を見ることです。顔を切ることで目が回りにくくなると同時に、キレが増し見ばえも良くなります。

※顔を正面に残しているときは頭が傾かないよう注意しましょう。

まとめ

クロスターンはコツをつかめば簡単にできます。
まずは左右1回転を目標に、力まずリラックスした状態で練習を重ねましょう。
顔をきることも大切ですが、重心や上体のバランスが取れてからで大丈夫です。ある程度ターンが上達してきたころに、顔をきる意識を持つことをオススメします。
またどんな曲にも合わせられるよう、最初はゆっくり練習して、少しずつスピードアップしてターンに慣れていきましょう。ターンは力みすぎるとバランスを崩しやすくなります。

・体の軸を意識して回ろう
(頭のてっぺんからつま先まで、一本の棒が通っているイメージ)
・顔をきろう
・ある程度スピードのある状態でターンをしよう

ABOUT ME
KAEDE
KAEDE
幼少期からダンスを始め、イベントやダンスコンテストなどを経験。 現在もアーティストバックダンサーや様々なステージに出演し、JSDA公認インストラクターとしても活動中。
プライベートレッスンアプリがスタート

【無料体験レッスンスタート!】10名様限定で、1ヶ月間マンツーマンレッスンが無料で受講できます!
スマホ1台あれば誰でも自宅できますので、下記のボタンより詳細を御覧ください。

詳細はこちらから